So-net無料ブログ作成

Cubase 5 Loop Mashを試してみた [音楽]

颯爽とバージョンアップを申し込んだCubase5だったのだけれども、
まったくもってゆっくりいじる余裕がとれず。

とはいえ、LoopMashは非常に気になっていたので、それだけちょろちょろ弄っていたんだけれども、

これは……
自分的には使える気がしない。(;´д`)

Gross Beatみたいな機能があれば飛び道具として使えたんだけどなぁ。

ふむ。

でも、まぁ、せっかくなので、なんかおいしい使い道がひらめくかもしれないしとか思い、
LoopMashのみで何か曲的なものを作ってみよう!とチャレンジしてみました。

ちなみに作曲は一切していないw

一応LoopMashのパッド切り替え制御のためにMidiノートは置いてますが、
それ以外のInstは使ってません。ループ素材をLoopMashにかませただけです。
素材はCubase5に同梱のVSTSoundをメインにして、R.A.W. Style Pakをちょろりと使用。
で、それだけだとなんか一味足りなかったんで、Albino3とSylenth1のアルペジェータと、Drumazonのパターンループをサンプリングして素材として使用してみた。

ループ素材って適当に並べただけで曲っぽくなって面白いよねw

という事で、こんな感じで、LoopMashを9トラック使ってでっち上げてみましたよ。
l090405_m_n_01.jpg

(04/06追記:EQし直して、差し替えました)

うーん。
ま、やっぱり特に何もひらめかなかったw

いやしかし、LoopMashのバグなのか、Cubase5のバグなのかはわかりませんが、
LoopMashトラックに対して、Freezeはなんだかうまく出来ないし、さりとてミックスダウン書き出しもうまく行かないわで、
ほんともうどうすれと……orz

マシンパワー不足でブチブチいいまくるのをひたすら我慢で作業をし、書き出しはVoxengo RecorderをStereoOutに挿してしのぎました。(;´д`)
今後のアップデートに期待。

今回使用したサードバーティープラグインは以下の通り。




そういや、Halion3.5が発表になりましたね。

Halion3ユーザーは無償アップデートか。ありがたい。

そろそろ64bit環境への移行を考えないとなぁ。
まぁ、Windows7がリリースされてから考えよう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます